入れ歯

金属床総入れ歯金属床総入れ歯

この写真は上顎の総入れ歯の説明用の模型です。上顎の部分が半分は金属、半分は保険の入れ歯のプラスチックでできています。実際見ていただくとわかるのですが厚みがかなり違います。

金属床はもちろんすべてが金属でできているわけではなく上あごの天井の部分を金属で非常に薄く作ることによって、装着感や舌触りが大きく向上します。また発音がしやすい、よごれにくい、割れにくく丈夫である等の利点があります。食べ物の温度が伝わりやすく、味覚に満足感を与えることができます。

 

 

金属床金属床

上の義歯を裏側から見たところです。
もちろん上あごの天井部分は右半分も金属になります。金属のフレームもコバルトクロム合金、チタン合金、金合金、白金加金とその金属の性質に合わせて色々な種類で制作可能です。

また、金属床の総入れ歯に関しては特定療養費制度が設けられており、かかった医療費一部を健康保険で負担することができます。

 

 

金属部分床義歯金属部分床義歯

部分入れ歯に関しても金属床で作ることができます。総入れ歯と同じように強度の強い金属を使用することによって、プラスチックの入れ歯に比べて薄く、小さな入れ歯を作ることが可能になります。それによって装着感が向上し設計の自由度も増すため残存歯に対して負担を減らすことも可能です。

 

 

バネのみえない義歯バネのみえない義歯

写真のように金属は全く使用しませんので金属アレルギーの方にも安心です。
入れ歯に透明感があり歯茎と見分けがつきにくいのも特徴の1つです。

そのほかの利点として食べ物が入れ歯に挟まることが少なくなります。薄く軽く弾性のある素材で良くフィットします。
金属のバネがないため笑顔になっても口元が気にならなくなります。

 

 

バネのみえない義歯バネのみえない義歯

ナイロンなので写真のように大きく曲げても破折の心配もほとんどありません。

土台の歯に対して弾性のある維持を得ることができるので余計なプレッシャーを与えにくくなっています。 

総入れ歯に関しては部分入れ歯に比べ、メリットが少ないためあまりお薦めいたしません。
今の入れ歯に満足できない方にお薦めします。

 

 

磁石を用いた義歯磁石を用いた義歯

磁石は写真のように残っている歯の根の頭の部分に金属の小さな帽子のような物を被せ(右側の模型の2つの黒い部分です)左側の赤い入れ歯の当たる部分に小さな磁石が埋め込まれています。

その維持力はバネの維持装置にもひけを取りません。また入れ歯が横にずれる力が働いた場合スライドするので、残っている歯に対するストレスがかかりません

 

 

軟性義歯軟性義歯

写真は下顎の総入れ歯です。この模型では内側に金属の補強プレートが入っていますが、基本的には普通の入れ歯を使用します。

硬い入れ歯の内面を生体用シリコーンというクッションで覆う新しい入れ歯の技術です。
歯ぐきにかかる負担をやわらげ、吸着力も増します。

 

 

軟性義歯軟性義歯

上の写真の入れ歯を裏側から見たところです。わかりづらいですが内面が一層白っぽい生体用シリコンで覆われています。