東京都国分寺市 野口歯科医院の院内紹介

 

.jpg窓からの陽射しが心地よい明るい診療室です。
脇にある象の鼻のようなモノは口腔外バキュームです。
治療時に雑菌や粉じんがまき散らないようにクリーンな診療室を心がけています。

患者様治療後に診療台はアルコール、次亜塩素酸などで清拭しています。

また、診療室内は常時換気を行っています。

 

 

1262F-2.png肝炎などの院内感染が社会問題となっています。

ゴム手袋などはデイスポーザブル(使い捨て)の体制をとり、皆様が安心して治療を受けられるよう注意しています。

器具は超音波洗浄機と薬液で血液などのタンパク質を除去した後、オゾン水で洗浄しその後高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)を使用して滅菌乾燥し、紫外線ボックス内に保存します。

歯を削るドリル(ハンドピース)は専用のオートクレーブで患者さん毎に滅菌し、トレーと共に目の前で滅菌パックを開封して使用しています。

 

 

.jpg

被爆量が少なく精度の高いデジタルシステムのレントゲンです(保険適応)

撮影時間の大幅な短縮で待ち時間も少なくなりました。
診療台に設置されているモニターにすぐに大きく映し出されるので納得のいく説明を受けることができます。

治療内容を詳しく知りたい方のために映像による治療説明用アニメーションも用意しました。

何かとわかりにくい歯科治療ですが、デジタルレントゲンと同じモニター上で動画による説明が可能になりました。

 

 

.jpg

注射はだれでもイヤなものです。
でもどうしても使わなければならない場合にはなるべく痛みが少ないように極細の注射針、電動麻酔器、表面麻酔等を使用します。
麻酔液は常に体温に近い温度に温めて使用しています。

歯を削るときの「ヒューン」という高周波の音が苦手な方も多いと思います。
そんな方のために高トルク高回転型の電気モーターも用意してあります。